女にモテる会話術

女にモテる会話術

女にモテる会話術

女性とデートすることになったが
何を話したらいいかわからない。
なんとか話すネタを探そうと思って女性に質問する。

 

男性「今日何やってた?」
女性「え、買い物だよ」
男性「そか、趣味なんだっけ?」
女性「趣味は映画見るのが好きかな」
男性「そか、仕事何やってるんだっけ?」
女性「仕事は事務職だけど…」
このように話すネタを探そうと思って
質問を連発してしまったことがないだろうか。

 

女にモテる会話術

 

この時女性はこう思っている。

 

「警察の尋問かよ…」
人は質問を連発されると
尋問されている印象を受ける。

 

そうすると何か探られていると言う
気持ちになり当然会話は楽しめない。

 

このような失敗を避ける有効な手段が
その場で女性と一緒に共有できるものを
活用して会話する方法だ。

 

女にモテる会話術

 

一緒に共有できるものを活用すれば
質問することなく会話のネタを
生み出すことができる。

 

例えばお店のメニューを共有する。

 

男性「これすごくうまそうじゃない?」
女性「本当だ、おいしそう!」
男性「こっちもうまそうだな」
女性「そうだね、迷うね」
男性「確かに迷ってしまうな」

 

このように女性と一緒に
共有できるものを活用して会話をすれば
自然に会話のネタは生まれてくる。

 

女にモテる会話術

 

だから女性と何を話していいのかわからないと言う
事態を防ぐことができる。

 

このレポートでは
1. 共有物を活用した会話が有効な理由
2. シチュエーション別の共有物を活用した会話例
について述べる。

共有物を活用した会話が有効な理由

共有物を活用した会話は、
その場にあるものを活用するので
質問することなく会話のネタを
生み出すことができる。

 

共有できるもので会話を盛り上げ
女性との距離感を縮めることができる。
距離感が縮まった後で質問をすれば
相手に尋問している印象を
与えることがないので会話が自然に広がっていく。

 

女にモテる会話術

 

ではなぜ共有できるもので
会話が盛り上がり距離感が縮まるのか。
それは人が自分の体験を共有したいと言う
強いニーズがあることに関係する。

 

例えばあなたはこのような会話を
聞いたことがないだろうか。

 

男性A「実は先週ゴルフに行きまして」
男性B「あなたもですか!実は私も先週ゴルフに行ったんですよ」
男性A「そうなんですか、どちらのゴルフ場に行かれたのですか?」
男性B「○○ゴルフ場ですよ」
男性A「○○ゴルフ場ですか、あそこはいいゴルフ場ですよね」
男性B「そうなんですよ、あそこは見晴らしが良くて…」

 

女にモテる会話術

 

この2 人の男性はゴルフの体験を
共有することで一気に会話が弾んでいる。
ではなぜ人は自分の体験を共有したがるのか?
人は動物の中で唯一
自分の意識を認識できる。

 

そして人は常に自分の意識が
正しいのか確認したがる。

 

だから自分が体験したことが
正しいのか確認したがるのだ。

 

他人と共有・・・

もし他人と自分が体験したことを
共有することができれば
自分の意識が正しいと思い安心する。

 

だから自分の体験を他人と共有したがるのだ。
他人と体験を共有したいと言う
強いニーズがあるので
一緒に共有できるもので会話をすれば
自然と会話は弾み距離感を縮めることができる。

 

女にモテる会話術

 

だから会話の序盤では共有物を活用して会話をし
会話を弾ませて距離感を縮めてから質問する。

 

距離感が縮んだ後では
相手は質問されても尋問と思わないから
会話はどんどん広がっていく。
次にシチュエーション別に具体的な会話例を紹介する。

おすすめサイト

メニュー

© Copyright 2017 女にモテる会話術All Rights Reserved.